アンチエイジングはトリキュラーから
アンチエイジングで美肌になった女性

ピルはホルモンに作用するお薬なので、アンチエイジングにも効果あります

トリキュラーの服用と中絶後や高脂血症の方の服用の注意点

トリキュラーは3相性の低用量ピルです。避妊の目的に使用される薬です。トリキュラーには有効成分が2種類配合されています。卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが配合されています。いずれも女性ホルモンで、この2つの女性ホルモンの量が異なる3種類を規則的に服用するようになります。これによって人工的に生理周期を作り出し、妊娠しないようにすることができます。トリキュラーは28日周期で服用していきます。トリキュラー21の場合には21日間服用した後に7日間休薬期間があります。一方、トリキュラー28の場合には7日分の偽薬が入っており、毎日服用するようになります。
中絶後のこの薬の服用に関してですが、中絶後に避妊を希望する場合には中絶直後から服用した方がいいでしょう。もし心配な場合は、中絶後の経過観察の診察時に医師に相談してみましょう。基本は中絶後すぐに服用を開始しても構いません。
また高脂血症の方の服用に関してですが、高脂血症の方がこの薬を服用すると、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症の発症リスクが高まるので注意が必要です。女性ホルモン剤には血栓塞栓症を誘発しやすいリスクがあります。そのことから35歳以上の喫煙習慣のある方には、トリキュラーなどのピルは禁忌となっています。高脂血症の方はコレステロール値が高いため、血中のコレステロールが動脈壁に付着し、血栓塞栓症のリスクが大きいです。よって高脂血症の方がトリキュラーを服用すると、相乗効果によってよりリスクが高まるのです。服用する場合には、主治医に持病のことを必ず相談し、血栓塞栓症の定期的な検査を行うことが理想的でしょう。トリキュラーも婦人科でもらうのではなく、高脂血症の治療をする病院でもらうのがいいでしょう。