ピルはホルモンに作用するお薬なので、アンチエイジングにも効果あります

トリキュラーのピル効果について

「トリキュラー」とは、低用量ピルのことで、避妊の効果が期待できる経口避妊薬の一つです。
指示通り、正しく服用することで、ほぼ100パーセントに近い避妊効果が期待できます。
「トリキュラー」は、初めて低用量ピルを使用する方に、一番使われるピルです。3相性タイプのもので、女性ホルモンのバランスが一番本来の身体に近い状態で作られているからです。
低用量ピルは、妊娠の可能性があると服用してはいけないので、確実に妊娠していないことがわかった生理が来た日から服用を始めます。
トリキュラーの服用方法は、ホルモン成分の量が3段階に分かれた21日間のピルを服用して、7日間休薬します。薬だけが入っている21日タイプと、偽薬7日間が含まれている28日タイプのシートがあります。この21日もしくは28日分の薬が一つのシートに入っており、1ヵ月分として数えます。確実な避妊効果は、初めての服用より1ヶ月後からとされています。定期的に、毎日服用することが一番重要となります。
又、トリキュラーは、避妊効果だけではなく、月経不順や月経困難症などの婦人科系の疾患の改善としても使用されます。
トリキュラーなどの低用量ピルは、産婦人科などの医療機関で処方が可能です。服用を希望される際は、初めに、子宮がんの検査や超音波検査、おりものの検査や血圧測定などの様々な諸検査必要になります。保険適用外なので、基本的に自費診療となります。
又、血栓の副作用の可能性があるので、定期的な血液検査を必須です。タバコを多量に吸っておられる方、45歳を超える方、持病を持っておられる方など、処方が難しい場合もあるので、医師によく相談して、処方されることをお勧めします。

アンチエイジングはトリキュラーから © 2017 Frontier Theme